父の日に名入れグラスをプレゼント

父の日に贈る花

母の日のカーネーションに対して父の日には何でしょうか。

健在している父には赤い薔薇、亡くなった父には白い薔薇という説もありますが 特に決まっているわけではなく、一般には黄色い薔薇・白い薔薇、 子の愛という花言葉をもつユリなどが多く贈られています。 バラという説は父の日の由来ともなったアメリカのドット婦人が、 父の日に父親の墓前に白いバラを供えたという逸話からきているようです。 日本でも父の日ギフトにはやはり薔薇が一番人気のようで、束にしても一輪に しても華麗で美しい薔薇が良く選ばれています。 ですが何色のバラを贈るかとなると悩む人も多いようで、花言葉に「尊敬」 という意味を持つ白い薔薇はお父さんに贈るには最適と考える人もいれば、 白い薔薇は亡くなった父に贈る、という説を気にして避ける人もいるようです。 また黄色の薔薇はイエローリボン賞の影響で、父の日のイメージカラーという こともありこれを選ぶ方もいます。 しかし黄色い薔薇の花言葉「嫉妬」のイメージを気にして避ける人もいます。 薔薇と並んで父の日に贈られる人気の花にヒマワリがあります。 お父さんに薔薇のようなお洒落な贈り物をすることに抵抗がある人でも、 ヒマワリなら気軽に贈れるということが人気なのかもしれません。 黄色いヒマワリは父の日のイメージカラーということもあり、最近は非常に 人気が高くなっているようです。 「子の愛」という花言葉を持つユリも父の日には人気です。 その姿形だけでなく気品ある香りに惹かれる人も多く、部屋に満ちたユリの 香りはとても優しく、包み込まれるような感じで癒されます。 花だとすぐに枯れてしまうので、観葉で長く楽しんでもらいたいという方は 観葉植物を贈るケースも多いようです。 面倒臭がりの父親には手間のかからない観葉植物を、といった 感じなのでしょうか。